LUNA SEA MOBILE

LUNA SEA MOBILE

BIOGRAPHY

ご覧になりたい年代を選択して下さい。

PROFILE

[MEMBER]

Vocal:RYUICHI
Guitar,Violin:SUGIZO
Guitar:INORAN
Bass:J
Drums:真矢

1990年にバンドの表記をLUNA SEAに変更し、翌1991年、エクスタシー・レコードより、1stアルバム「LUNA SEA」をリリース。

1992年、MCAビクター(現ユニバーサル・ミュージック)よりアルバム「IMAGE」でメジャー・デビューを果たす。
その後、リリースするアルバムはミリオンセールスを連発。
ライヴ活動においても、日本武道館、東京ドーム、全国アリーナツアーと規模を拡大させていき、ロックバンドとしてその存在を不動のものとした。

2000年11月、突然の“終幕”を発表。
12月26・27日の東京ドーム公演を最後にその活動に終止符を打つ。

終幕から7年の歳月を経た、2007年12月24日満月のクリスマスイヴ。
東京ドームにて一夜限りの復活公演「GOD BLESS YOU~One Night Déjàvu~」を開催。
そして2010年、ついに“REBOOT”を宣言。
東京ドーム3daysを含むワールドツアーを開催し、本格的な活動再開を果たした。

2013年12月、13年5ヶ月振りとなる8枚目のオリジナルアルバム「A WILL」をリリース。

2014年にはバンド結成25周年を迎え、終幕の年以来となる全国ツアーを敢行。
翌2015年には、25周年の集大成として自身初の主宰フェスとなる「LUNATIC FEST.」を開催し、歴史にまた新たな1ページを刻み付けた。

2017年12月、9枚目のオリジナルアルバム「LUV」をリリース。
そのアルバムを携え、2018年1月から全国ツアーを巡り、バンド結成日である5月29日、日本武道館にてツアーファイナルを飾った。

2018年6月には、2度目の開催となる史上最狂のロックフェス「LUNATIC FEST. 2018」を敢行。主宰フェスという概念を、更なる境地へと導いた。
同年末、12月22日、23日に行われた「LUNATIC X'MAS さいたまスーパーアリーナ2days」公演では、翌年に待つ結成30周年へのイントロダクションとして、活動初期のツアータイトル「IMAGE or REAL / SEARCH FOR MY EDEN」と銘打ったコンセンプトライヴを披露。

そして迎えた2019年。
結成30周年記念日である5月29日には、待望のニューシングルリリースと共にSLAVE限定“無料”LIVE「The 30th Anniversary FREE LIVE -DEAR SLAVES-」を決行。
直後の5月31日・6月1日には、30年間の軌跡を凝縮したライヴ「LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days-」日本武道館2daysを開催。

MENU

CLOSE